誰が最初にコーヒーをおいしいと思ったんだろうか

ときどき思うのですが、昔の人は、いったい誰がコーヒーを飲もうと思ったんでしょうかね。

確かにコーヒーは美味しいと思うし、豆や挽き方、淹れ方による味の違いもあり、とても奥深い世界があります。

でも、私たちの普段飲むようなコーヒーというのは、まず豆を焙煎して、その豆をミルで挽き、それを熱いお湯で抽出するものです。

そして、出来上がったものがドリップコーヒーになるわけですが、嫌いな人からすれば、だたの黒くて苦い飲み物です。

だから、コーヒーというものを知らなかったりすれば、積極的に飲もうと思うようなものではないと思うんですよね。

豆を炒ったり、挽いたりするというのも、なかなか自然に起こるような状況ではありません。

誰かが、何かを参考にして、美味しく飲めるように改良を重ねてきたものが、いまのコーヒーなんでしょう。

コーヒーは古くからある飲み物だと思いますが、昔、初めてコーヒーと出会った人は、コーヒーを美味しいと思ったんでしょうかね。

紅茶なんかはまだわかりますが、コーヒーを飲むようになったきっかけというのは、あまり想像できません。お金 借りる 至急

誰が最初にコーヒーをおいしいと思ったんだろうか