少年時代、私にあった学校のトイレに関する疑問

人間のみならず、動物が生きていくために大切な行動の1つに排泄があります。

体内に取り入れた栄養のうち、不要となった老廃物を体外に放出する排泄は、生きている人間や動物にとって欠かすことができない行動です。

排泄に関して、少年時代私は「小学校や中学校のトイレでなぜ大便することを恥ずかしがるのか」という疑問がありました。

小便でトイレを利用しても、「周りの生徒に騒ぎ立てられるのが恥ずかしい」という気持ちが心の奥底にあるせいか、大便をしているのはほとんど見かけたことがありません。 同じ気持ちだった私も学生時代、学校で大便がしたくなったときは、生徒の輪からこっそり離れ隠れてしていた記憶があります。 

大便をしていたことがクラスメイトにばれてしまったときから卒業するまで、恥ずかしい名前で呼ばれていた男子生徒がいました。 振り返ってみると、「なんてくだらないことをしていたのだろう」と自分を責める気持ちになりました。

トイレで用を足すとき、ついつい周りを気にしてしまう気持ちはよくわかりますが、排泄は大切な行動です。 排泄に対して「周囲がもっと気を遣わなければいけない」と痛感しています。https://thecw.co/tsudobarai.html

少年時代、私にあった学校のトイレに関する疑問

携帯電話はしっかりとしたカバーをすることです

少しでも携帯電話を持っているというのであればそれはカバーなどをしておいた方が良いでしょう。つまりは、壊さないように、ということです。昔ながらの携帯電話であればそれなりに頑丈ということはあるのですが特に折りたたみのものであればそこまで大きく壊れるということは多少落とした程度ではありえないことになります。ですが、さすがにスマートフォンというのはそうしたことがそんなに強くない、ということがあります。スマートフォンというのはどうしても液晶画面が思いっきり大きいということになりますのでそのぶんの負担が大きくなってくるということがあります。つまりは、軽くするために頑丈さというのがそんなに高くできないということになっていますのでそのあたりのことを意識した上でしっかりとしたカバーを付けるということにすることによってキチンと携帯電話を守るということができるようになります。それがまずは意識することになるでしょう。ベルタ葉酸 口コミ

携帯電話はしっかりとしたカバーをすることです

ティーバッグの持ち手をお湯の中に落としてしまう失敗を繰り返すドジな私

今日も私はやってしまいました。

仕事中に、ちょっと一息入れようと思って、やかんでお湯を沸かして持ち手の紐とその先に紙がついたティーバッグを予め入れておいたマグカップにお湯を注ぎました。

そうしたら、やかんから注いだお湯の勢いで、持ち手の部分の糸がカップの中に入ってしまいました。

大した失敗ではないけど、これって結構面倒なんですよね。

まずティースプーンを用意してなかったので、探し出して、それでちょっとつまんでカップから持ち手を出しました。

持ち手の紙の印刷のインクが溶け出すほどは長時間ではなかったのですが、なんだかせっかくのお茶に不純物が混じってしまったような残念な気分です。

しかも、2分間待ってお茶が入った後に、ティーバッグを取り出すときも、持ち手がちょっと濡れてるので手がちょっと濡れてしまうのも、失敗の代償みたいで悔しいです。

本来は最初にカップにお湯だけ入れて、その後でティーバッグを落とせばいいのかなと思いますが、お湯を沸かしている間の時間がもったいないので、ついつい先にカップの中にティーバッグを用意してしまって、結局余計な手間が増えるという、いつも同じ失敗をする私ってやっぱりドジですね。キレイモ 部位

ティーバッグの持ち手をお湯の中に落としてしまう失敗を繰り返すドジな私

誰が最初にコーヒーをおいしいと思ったんだろうか

ときどき思うのですが、昔の人は、いったい誰がコーヒーを飲もうと思ったんでしょうかね。

確かにコーヒーは美味しいと思うし、豆や挽き方、淹れ方による味の違いもあり、とても奥深い世界があります。

でも、私たちの普段飲むようなコーヒーというのは、まず豆を焙煎して、その豆をミルで挽き、それを熱いお湯で抽出するものです。

そして、出来上がったものがドリップコーヒーになるわけですが、嫌いな人からすれば、だたの黒くて苦い飲み物です。

だから、コーヒーというものを知らなかったりすれば、積極的に飲もうと思うようなものではないと思うんですよね。

豆を炒ったり、挽いたりするというのも、なかなか自然に起こるような状況ではありません。

誰かが、何かを参考にして、美味しく飲めるように改良を重ねてきたものが、いまのコーヒーなんでしょう。

コーヒーは古くからある飲み物だと思いますが、昔、初めてコーヒーと出会った人は、コーヒーを美味しいと思ったんでしょうかね。

紅茶なんかはまだわかりますが、コーヒーを飲むようになったきっかけというのは、あまり想像できません。お金 借りる 至急

誰が最初にコーヒーをおいしいと思ったんだろうか